師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー⑥

師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー⑥

 

前回はウォンスが不倫をし、

サイムダンにバレてしまったところまで書きました。

嫉妬を隠さないクォン氏に対し、何も言わず1人抱えて泣くサイムダン。

なぜモテるのかと不思議で仕方ないウォンス。

母性本能をくすぐるのかな?

この三角関係にピリオドは打たれるのか?

 

宜城君は外国から帰って1度もサイムダンと会おうとしないのは…?

 

※まとめて書いてるのでお話とは時系列が多少ずれていたり

完全版の字幕で見ているので吹き替えとは訳が変わっていたり

カット版とは違かったり、

更には分かりやすく書いたりしている部分

(例:画帳→スケッチブックみたいに)もあるし

途中省いてるところもあり不自然で違和感があるかと思いますがご理解下さい。

 

 

 

ネタバレー朝鮮時代編ー⑥

 

長くて読みづらいとのご意見をいただきました。

今回から少し量を減らし、ネタバレ完結したら

今までのも分割しようと思います。

ご不便お掛けして申し訳ありませんでした。

 

 

089ac576b8b1e587fd8976e96adce9fb - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー⑥

 

今回は完全版23話のネタバレになります。

 

重臣たちの前で王は体調を理由に世子への譲位を考えていると話す。

お約束かのように「いけません」「お考え直しください」と重臣たちの口から飛び出す。

世子を聖君に育てるための備えだと考え、摂政を命じた。

 

宜城君は比翼堂で話があるとみんなを集めていた。

人を楽しめせる為に開いた比翼堂。

全財産をはたいて、より多くの人を楽しませるべく

みんなの才能でたくさんの人を幸せにする道を考えて欲しいと頼んだ。

 

ジギュンはジソンが眠りについた後も勉強に励んでいたが、

比翼堂で講義を受け発言していたヒョルリョンの言葉を思い出し止まっていた。

それを振り払うかのように首を振り、勉強を再開する。

 

政治の場に世子を参加させ、問題を提議されると王は世子の考えを聞いた。

その答えに王は満足そうに笑みを浮かべ、

重臣たちは驚いたり頷いたりしていた。

 

サイムダンは画房で昨夜の事を思い出していた。

そこへ王女からの呼び出しがかかる。

絵を教えて欲しいと王女は自分の描いた絵を見せた。

その絵に言葉があまり出ないサイムダン。

官吏に絵の才能があると言われたが

どう思うかと聞く王女にサイムダンが言葉をつまらせていると

ポジティブに捉える王女。

そして、唐津へ写生に行くお供をさせてあげようと言うのだ。

サイムダンが紙づくりの多忙を理由に断ると王女はヘソを曲げた。

(絵が下手とかの前にドヤ顔してきたり生理的受け付けないんでしょうね)

 

夜に宜城君の元を世子が訪れ

自分は王とは違う道を進むし、時が来たら膿を出すと言った。

そして、広い世界を見た宜城君に助言があればして欲しいと頼んだ。

 

 

翌日、王女は写生へ出かけた。

その途中の林で輿を止めさせ海辺に移動し、絵を描き始める。

そこに黒装束のフィウムダンたちが現れ王女以外を皆殺しにしてしまう。

王女を気絶させ持ち物を確認するフィウムダン。

そこには宜城君が王に贈った扇があった。

(王女が気に入ったと言い、王から勝手に奪った扇です。

フィウムダンは事前にホンから情報を受け取っていたので

王女と分かって襲ってます。)

 

日が沈みかけた頃、王女は目を覚ます。

訳が分からなく辺りを見回す王女にフィウムダンは

盗賊に襲われ、山道で倒れていたところを助けたと説明した。

持ち物から王女が絵を描くと知ったフィウムダンは

王女の画具も一緒に持ってきていて、そこに自分の絵を置き

王女が見るように仕向けていた。

そして思惑通り王女の絵の先生の座を手にい入れた。

 

 

スポンサードリンク

宜城君は大伯母が持ってきていたお見合い相手と会っていた。

そこへイ・フが世子から知らせがあり、急いで来て欲しいと呼びに来る。

 

世子は宜城君の「民の姿を知るにはその中に深く入るべきだ」との言葉に胸を打たれ

それを実行しようとお忍びで来たのだった。

女同士の値切りを見て驚く世子に民に取っては1分が腹を満たす餅になり

また1日の疲れを癒やす酒1杯にもなるので、

とても価値があり重いことを教える。

 

そこにたくさんの貧しいそうな人たちが「飯を食おう」と走って通り過ぎた。

ついて行くと楊柳紙所がやっている「給食所」で

「働かざるもの食うべからず」の文字があり人々は物を渡し

クッパを貰っていた。

また何も持ってきていない者には楊柳紙所内で仕事を与え、食事を配る。

そこへ宜城君に気づいたたくさんの人が声をかてきて

慕っているのが伝わった世子の顔には笑みがこぼれていた。

クッパを食べるために世子と護衛は洗い物をしており

宜城君はソワソワと辺りを見回していた。

楊柳紙所では紙づくりだけでなく、善行も行っていると感心する世子。

世子に言われ宜城君も洗い物に参加した。

(宜城君が近くで立っているだけだから世子に

「おじ上は食べないのですね?」って言われて

洗い物を始めるんですよね 笑)

 

その頃サイムダンは神妙な面持ちで紙一面を真っ赤に塗っていた。

ウォンスとの事でやりきれない気持ちを表現しているかのようだった…

 

食事をする中で宜城君と世子は王の悪口を耳にする。

バツが悪くなった宜城君は、驚く世子に早く食べて出ようと促すと

世子は「陰口くらいは自由に言えないと」と寛大さを見せた。

 

そこへ、ただで食事を配るから他の店が潰れそうだと

夫婦が補盗庁の役人と他の店の人々を引き連れ怒鳴り込みにやってきた。

騒ぎになり、サイムダンが姿を現すと宜城君の目は釘付けになっていた。

 

怒鳴り込みに来た夫の方はサイムダンの美しさに一瞬たじろぐが

文句はしっかり言った。

するとサイムダンはただで食事を配っていないと言う。

そこに、食事をしていたみんなが働いたから貰ったと応戦する。

サイムダンはそれに続き、みんな食事をするお金もない人達ばかりだけど

ここで自立すればここより美味しいお店に行くでしょうと正論で返した。

役人は文句を言いに来た夫婦に向かい

「飢えに苦しむ人々を助けて何が悪い」と怒り出した。

その姿をずっと宜城君と世子は見ており、

夫婦が謝って帰ると宜城君の姿にサイムダンが気づいた。

 

貴人は王の元を訪れ、世子を惑わすものがいると

また良からぬことを吹き込んでいた。

(王を惑わしてんのはお前だろ!とツッコミたい…)

 

早速、貴人の言葉を真に受けて王が政務に戻ってきた。

護衛に世子と宜城君の関係がいつからか聞き、

時期国王を下町で連れ回すとはと怒りをあらわにした。

そこに倭寇の手により海岸から侵入し甚大な被害を受けていると報告が入る。

倭寇は水上戦に長けているために水軍も歯が立たないのだと言うのだ。

そんな大変な時に王女の行方が分からないと知らせが入り、

王は全軍を投じて探せと命じる。

(心配なのは分かるけど全軍はやりすぎでしょ…)

 

世子はサイムダンの画房で絵を楽しそうに見ていた。

そして、真っ赤な絵を見つけサイムダンに何の絵かと質問したが

答えられなかった。

宜城君はサイムダンを見つめ何に苦しんでいるのかを心配する。

世子は名画を描きながら工房と流民のお世話までするサイムダンから

多くのことを学び、自分が見習うべき手本だと言った。

 

夜に世子が王の呼び出しに応じると宜城君を遠ざけよと忠告される。

それに反論すると王は世子の頬を叩く。

納得がいかない世子はその場に佇んでいた…

 

サイムダンの家では帰って来ないウォンスに

みんなが心配していた。

(子どもたち不倫に気付いてる感じだったのに

気づいてないっぽいですね)

朝になり楊柳紙所に着くとウォンスが嘘をついて、絵を持っていったと聞かされる。

画房は空っぽになっていた。

落胆の色を隠せないサイムダンにコン氏夫人は心配し核心をついた。

 

酒場ではたくさんの金品に喜ぶクォン氏と弟に対し、

ウォンスは気を落としていた。

そこにコン氏が怒鳴り込みに現れた。

店をめちゃめちゃにし、クォン氏にもかかろうとすると

身ごもっていると言からとウォンスが体を張って止めに入った。

そこに現れたサイムダンは耳にしてしまい、悲しみと怒りの混じった顔をしていた。

ウォンスもサイムダンの存在に気づき話し合いをすることに。

 

 

クォン氏が身ごもったのは本当で別れる気がないこと

サイムダンといると常に品性を求められて窮屈で孤独だったが

クォン氏といると違うこと。

ウォンスはサイムダンに1人の男として愛していたか聞くと

父親として尊敬していたと答えてしまう。

男として愛していたかの質問には答えられなかった…

残りの人生は自由に生きるというウォンスに

妻としての優しさを持たなかったから辛かったでしょうと謝るサイムダン。

そして、ウォンスに子どもたちだけは傷つけたくないから

頼りだけは送らないで欲しいとお願いした。

今まで優しく良い父親だったからと。

去っていくサイムダンをウォンスは引き止めたそうにし、

立っていられなくなってしまうのだった…

(ウォンスに腹は立つけど宜城君に手を握られて見つめ合っているのを目撃しちゃって

スラッとしたイケメンと自分の妻がって思ったら、やりきれなかったんでしょうね。

サイムダンは気持ちを抑え、ウォンスには宜城君とは違った愛情を向けてたのですが

ウォンスの求めていた愛情とは違っていて完全なすれ違いですよね…)

 

 

イ・フからサイムダンの絵がたくさん売りに出されたと知らされる宜城君。

サイムダンが売るはずが無いことを分かっていた宜城君は

画商から全てを買い取って元に戻し、真っ赤な絵にはシャクヤクの絵を一輪描いて残していった。

サイムダンはその心遣いを噛み締め、シャクヤクの絵のそばに蝶を書き足し微笑んでいた。

 

フィウムダンにより王宮へ送り届けられた王女。

盗賊に襲われたところをフィウムダンに助けて貰って介抱されたと王に説明した。

これによって反対する重臣たちをよそに王は褒美としてチヒョンの放免を命じた。

上手く出来すぎていることに違和感がある宜城君は真偽を確かめるように進言するが

一蹴されてしまうのだった…

(この王完全に情緒不安定でしょ…領議政の息子と一緒に療養したらいいのに)

 

朝鮮時代編⑦へ

 

 

相関図

 

相関図お借りしました。

画像がかなり小さくなってしまう為に

2つに分けて貼りました。

 

e1f39504133aff110c040440f3f7ae98 - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー⑥

 

4b3168cf5b57f63fcc1144f75735848c - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー⑥

出典:「師任堂(サイムダン)、色の日記」公式サイト

 

 

FODプレミアムで完全版を全話無料で見る

 

display image - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー⑥

 

フジテレビの公式動画サービスなので安心安全です。

FODプレミアムで配信中です。

 

第1話はプレミアム会員にならなくても

無料で視聴出来るのでそちらを見てから会員になるか

決めるのもありだと思います。

 

4話半ばくらいから急展開を迎え面白くなって行くので

最初の3話くらいでは物足りない感じです。

 

ただプレミアム会員は月額888円(税抜)の料金がかかるのですが

AmazonアカウントでログインしてAmazon payにより登録すると

初回1ヶ月間無料で対象動画が見放題になります。

 

この「師任堂(サイムダン)色の日記」も対象作品なので

全30話くらいなら無料トライアル期間に見られちゃいますね。

 

他にも見放題対象ドラマがありフジテレビならではのドラマやバラエティなど多数あるので

「師任堂(サイムダン)、色の日記」の他にも楽しめます!

 

これは2018年8月時点の情報です。

配信状況は変わったりするのでFODプレミアムでお確かめ下さい。

 

FODプレミアムの登録が分からない方はこちら

FODプレミアムへの登録方法

FODプレミアムの解約の仕方が分からない方はこちら

FODプレミアムの解約(退会)方法

 

FODプレミアムの特典

 

もちろん無料トライアルがあって、

見放題対象の作品がいくらでも見られるのはもちろんですが

他にも人気雑誌の最新号が読み放題だったり

プレミアム会員限定で読める無料コミックもあります。

 

27edc8783d55dec6c6443c0c8113969e - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー⑥

 

毎月100ポイントの自動でつくボーナスポイントの他に8の付く日にログインして

ゲットボタンをクリックすると400ポイントずつ貰える特典も。

きちんと貰うと毎月最大1300ポイントに!!

こちらのポイントは有料の動画や電子書籍に使えます。

 

8a5799c2caf0b9c5b39ee99672e80914 - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー⑥

 

 

払ってる以上のポイントが貰えるのだけでもすごいのに

電子書籍に使用すると一律20%還元されます!

400ポイント消費する書籍だと5冊購入で1冊は無料になりますね♪

 

しかも、この1300ポイントは無料期間中からも貰えてしまうので

忘れずにゲットしていただいて最大限にFODプレミアムを楽しんで見て下さい!

 

 

もし、合わないと感じたり「師任堂(サイムダン)色の日記」以外に

見たいものがないと思ったら無料期間内に解約すれば料金は発生しません。

 

display image - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー⑥

スポンサードリンク