師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

 

紙作りが停滞していますがどうなるのでしょうか?

期日までに納税出来なきゃ全財産も失ってしまうし

流民も助けられないしサイムダンも罰を受けてしまいます。

 

領議政に見放され明の使者にも相手にされず

地位が危ないチヒョンはどうでるのでしょうか?

 

※まとめて書いてるのでお話とは時系列が多少ずれていたり

完全版の字幕で見ているので吹き替えとは訳が変わっていたり

カット版とは違かったり、

更には分かりやすく書いたりしている部分

(例:画帳→スケッチブックみたいに)もあるし

途中省いてるところもあり不自然で違和感があるかと思いますがご理解下さい。

 

 

ネタバレー朝鮮時代編ー④

 

33ab737330485895a7131f466d50fe3e 1 - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

 

何か思いつくようにとパルボンがお祈りしているところに

サイムダンが現れて話かける。

和尚様が毎朝、観音菩薩の絵にお祈りをしていて

「観音菩薩の中に答えがある」と言っていたと

パルボンがいうとサイムダンは観音菩薩の絵に

何かが隠されているかも知れないと思い雲平寺に

2人で向かうことにした。

 

フィウムダンは黒牡丹としてセヤンと会い探りを入れるが

セヤンは他の者と違ってなびかず

逆に高麗紙の事を知っていた事でチヒョンと関わりがあるのと同時に

手の甲に深い傷があったとの情報を与えてしまい

それがセヤンから宜城君にも伝わってしまう。

 

ウォンスは家に帰ると辞令を子どもたちに見せ

もう科挙を受けなくていいからと書物を売って

買ったお菓子とお餅を広げた。

そして、給料が貰えたら好きなものを買ってやると大きく出ていた。

みんなが嬉しそうにする中、ヒョルリョンだけはそんな父を見て

任を解かれるのではと心配になっていた。

そこにサイムダンが帰宅し官吏になったウォンスに

驚きを隠せないでいた。

サイムダンは雲平寺へ行くために家事をし

ウォンスの服を仕立て手紙を残して出かけた。

 

宜城君は明の使者に本物の高麗紙を用意するから

期限を3日後から半月に延ばして欲しい、

出来なければ自分が責任を負うと交渉する。

それはサイムダンが必ず高麗紙を再現してくれると

信じての言葉だった。

明の使者は宜城君と気が合い、すごく気に入って

義兄弟にまでなっていた。

 

宜城君が自分に何をしようかと理解したチヒョンは

帳簿を何とかし宜城君を倒す為に

エサとなるサイムダンを捕らえろとホンに命じ、

成宗大王から3代に渡り寵愛を受けた

※ナム貴人の元へと向かった。

自分の身の安全をはかるために王の元へとお願いしたが

断られてしまう。

チヒョンは宜城君の祖父と貴人の家が宿敵だったことを

知っていた為に宜城君が権力を握ろうとしていると

言い貴人の心を揺さぶった。

 

※ナム貴人についてはこのお話だけでは

何者なのか分からなかったのでちょっと補足。

 

一応、宜城君の祖父が貴人の一族を破滅に追いやったので

宿敵なことだけは話の中で分かりました。

 

3代に渡り寵愛を受けたとお話の中でありますが

成宗(中宗の父)の側室、燕山君(中宗の兄)と関係を持つまでは分かったのですが

3代となるともう1人なので中宗?燕山君の息子?

そうなると歳が離れすぎなので熟女がお好きだったんですかね…

因みに燕山君については暴君だったので

無理矢理関係を持たされたんじゃないかということらしいです。

燕山君に至っては兄の奥さんや他の人妻とも関係を持っているので

不倫好きなのかな。

 

 

 

スポンサードリンク

ギャンブル中毒の為に賭場にいたフィウムダンの手先となった紙職人は

ホンに捕まり、フィウムダンの元へ連れて来られていた。

そして報告がないと怒られ脅されると

サイムダンとパルボンが雲平寺に行った事を思い出し

何かを探しに行き、それが高麗紙の秘密だと言っていたと伝えると

フィウムダンは血相を変え黒牡丹に扮し、急ぎ馬を走らせた。

 

明からの使者に気に入られた宜城君に高麗紙について全権委ねた王。

壮元紙店に捜査の手が入り、サイムダンの工房にも議禁府がやってきた。

また流民を捕まえにかと思ったが質比べの日まで警護にやってきたという。

(この議禁府いつの間にか警護をやめてて、

そのおかげで後で大変な目にあうんですよね)

 

そして、諸悪の根源であるチヒョンを捕まえに来た宜城君。

その時チヒョンの後ろの輿には貴人が乗っていたのを知り

宜城君は何とも言えない表情を浮かべた。

 

チヒョンは取り調べを、のらりくらりとかわし

一切の罪を認めなかった。

そんな中、堤調のみがチヒョンに会いに来たのを見て

領議政と右議政は見捨てる気だと悟ったチヒョンは

2人への脅しの伝言を頼む。

 

ウォンスはまがい物を売りつける酒場を訪れていた。

女将のクォン氏とその弟に官吏になった姿を見せに行き

筆のお礼を言うとまがい物だった為に弟は妙な表情を見せた。

ウォンスを褒めまくっていい気にさせる2人。

 

調子のいいウォンスは近くの席にいた若い補卒たちに

上から目線で話かけ、ご飯やお酒代を持つという見栄を張った。

その見栄が仇となり話を聞きつけた補卒たちが

押しかけツケにして貰う。

(このダメ夫は謙虚って言葉を知らないのかしら?)

 

比翼堂に宜城君が着くと宜城君を慕う山賊

イム・コッチョンからサイムダンが雲平寺に向かったと聞き

その直後に甥が来て黒牡丹がならず者を従えて

すごい勢いで馬を走らせていたと聞いた

宜城君はサイムダンが危ないと悟り、馬を走らせた。

 

サイムダンとパルボンは雲平寺跡地に着き観音菩薩の絵を探すが、

当てが外れてしまい山道を歩いていると

市場で色紙を売っていたサイムダンたちを襲ったならず者たちが

2人をめがけて走ってきた。

そこを老人が岩陰に案内してくれ、隠れられ難を逃れる。

その老人は雲平寺の生き残りだったパルボンを介抱してくれた人だったのだ。

 

その老人の家で20年前サイムダンも雲平寺にいたという話をしていると

和尚様から惨劇の前夜に託されたという観音菩薩の絵をサイムダンに渡した。

絵の裏には詩が書かれており、それが秘法だったのだ。

 

サイムダンを捕らえはぐったフィウムダンたちは

馬でトボトボと歩いていた。

橋の辺りまで来ると目に涙をためたソクスンが手を広げていた。

チヒョンとの出会いを思い出し涙を浮かべ

山の麓にあるフィウムダンの実家の旅籠へと向かった。

そこで、あの雲平寺での惨劇の後の

宜城君に見放された時の事を思い出していた。

旅籠では、誰1人フィウムダンがソクスンと気づく者はいなかった。

 

翌日、詩を眺めていたサイムダンは急いで都に帰ろうと言うが

パルボンは雲平寺近くの泉にヒントが隠されているかも知れないと見に行きたがる。

先に泉に向かうパルボンの前にならず者が現れ斬り殺されてしまう。

サイムダンは急いで逃げた先は崖で逃げ場を失うと

目の前に変装もしてないフィウムダンが現れた。

 

菩薩観音の絵をよこせと言われるが断ると

ならず者たちがサイムダンを追い詰めてきた。

そこにサイムダンの身を案じて追いかけてきた

宜城君が助けに現れた。

争いの最中にホンは崖から転げ落ちていく。

ならず者たちを1人で相手している宜城君の隙をついてフィウムダンが

崖ギリギリの所でサイムダンの喉元に小刀を突きつけていた。

 

フィウムダンは自分じゃなくサイムダンを選ぶ宜城君に嫉妬をぶつけた。

 

そして画帳と髪飾りをチヒョンの前に置き

2人の運命を壊たかったと叫ぶとサイムダンと

フィウムダンは崖から落ち生えていた木の枝にぶら下がる形になった。

(ここでようやく、フィウムダンがサイムダンを傷つけてた訳が

2人には分かるんですね)

 

今度もサイムダンしか助けようとしない宜城君だったが

サイムダンはフィウムダンの手を取り、

それを宜城君が持ち上げ2人は無事だった。

 

そして、サイムダンはフィウムダンにこれで借りはなしだと言い

宜城君と供に去る。

フィウムダンは崖の上で1人、泣き笑いするしかなかった。

 

 

 

スポンサードリンク

領議政は息子の事で脅される上に道連れにしようとしてくる

邪魔者のチヒョンを何としても失脚させたく

王にチヒョンの厳罰な処分をお願いする。

王の心は揺れ、牢にいるチヒョンに王命を出す。

 

地位を悪用して紙の売買を独占し

市場の秩序を乱し私腹を肥やした件、

質の悪い高麗紙を明に渡して両国の関係を悪化させた件で

斬首が決まった事を言い渡された。

納得できないチヒョンは吠える。

 

7日たっても帰って来ないサイムダンを家族は心配していた。

そして、夜寝静まったあとに

何度もサイムダンが泣いていた事を聞かされ動揺するウォンス。

長男のソンは食事をたくさん作り

洗濯も全部済ませて出かけたサイムダンが

帰って来ないんじゃないかと不安になっていた。

そんな話を聞かされ寝られなくなったウォンスは

サイムダンが置いていった手紙を読み返していた。

すると「子供たちを頼みます」との文字が目に入り

パニックになっていた。

 

翌日の昼間、王は貴人と会っていた。

貴人の口添えがあり王になれたと恩を感じている王。

チヒョンの処刑では、貴人が口添えして解放されていた。

チヒョンは貴人の元にお礼に伺うと

生き延びるには高麗紙が必要だとアドバイスを貰う。

 

そんなチヒョンの元に高麗紙の秘密が書かれたものを手に入れる直前に

宜城君が現れ邪魔されたとの報告が入り怒りに任せて馬を走らる。

 

その様子をセヤンは影から見ており王に報告すると、

護衛は宜城君の命が危ないから官軍を送るべきと進言するが高麗紙のが大事だと一蹴する。

(護衛は宜城君を大事に思っているんです…)

 

ヨロヨロと帰宅していたフィウムダンの前にホンが現れ許しを乞う。

崖から落ちたホンは大きな傷はあるものの、生きて帰ってこれたのだった。

 

 

都に向かうサイムダンと宜城君の前にチヒョンが手下と共に姿を現す。

牢に入っているはずのチヒョンが目の前に現れ、驚きを隠せない宜城君。

 

チヒョンとの討ち合いで深手を負った宜城君。

チヒョンは顔に傷を。

顔から血が出ているのを確認すると怒ったチヒョンは

手下達に一斉に襲いかからせる。

サイムダンがかばうように押して2人は崖から転げ落ちた。

手下達に後を追わせると

チヒョンは馬にかけてあった2人の荷物から菩薩観音の絵を手に入れた。

 

雪が降る中を2人は追手から逃げ隠れし洞窟を見つけ入る。

 

傷を痛がり、高熱が出た宜城君の為に

薬草を摘みに行こうとするサイムダンを制止し宜城君は手を握った。

 

そして、時折20年前の幸せだったころの夢を見ると話し

更にあの時の思い出だけで生涯生きていけると。

サイムダンの絵を再び見ることが出来るならそれだけで十分だと。

それを聞いたサイムダンは宜城君の頬を撫で、励まし見つめた。

 

?me id=1&me adv id=460136&t=pict - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

 

帰らないサイムダンを探して欲しいと補盗庁に

ウォンスが頼みに行くと妻の家出だと相手にされなかった。

しかし、ごねていると以前酒場でごちそうした者たちが

ウォンスに気づいて一緒に探してくれることになった。

 

探し歩いていると目の前にチヒョンが現れ

襲われそうなところをセヤン率いる官軍が見つけ助けてくれる。

それは王はギリギリになって決意し、宜城君を助けに送った官軍だった。

チヒョンは退くしかなかった。

(やっぱりセヤンはかっこいい!)

 

 

洞窟では手厚く看護され幸せな宜城君は怪我をするのも悪くないと言い、

サイムダンの顔に触れようとしたが顔をそむけられてしまう。

 

そこにサイムダンを探すウォンスの声が聞こえ

サイムダンの立場を心配し、先に行けと促した。

離れるのを惜しむ2人は、しばし見つめ合っていた。

 

無事戻れたのは官軍のおかげだとお礼を王に言ったものの

チヒョンの放免には納得出来ない宜城君は詰め寄るが

自分の王座しか大事に思っていない王は

高麗紙を作れば例え大罪人でもすべてを水に流すと言ってのけて

宜城君を愕然とさせた。

自分でチヒョンの不正を暴いて欲しいと頼んだのにと激昂し

セヤンと2人の時にに愚痴る。

セヤンはその理不尽さが今までの王のやり方だった事。

そして、貴人が囁やく一言で大きな災いがおこりかねないから

貴人に気を付けろというアドバイスを送る。

 

 

 

工房ではパルボンの葬儀を行っていた。

サイムダンは大将に秘法は突き止めるから

みんなを鎮めて作業に集中させて欲しいと頼んだ。

しかし、サイムダンは詩には悩まされているのだった。

 

ウォンスがいつもの酒場に行くと女将が男たちに絡まれていた。

そんな女将をウォンスは体を張って助ける。

こてんぱんにやられてしまうが男気にあるウォンスに

女将は心惹かれていた。

ウォンスも女将に情を抱きつつあるようだった。

 

サイムダンもフィウムダンも、秘法の詩の意味が分からなくて苦労していた。

しかし、サイムダン側は息子のヒョルリョンとウのおかげで

フィウムダン側は軍で使う暗号を作る者のおかげで材料が藤の木と判明した。

 

早速それぞれが時間がない中で藤の木を使い高麗紙を作り始めるのだった。

 

スパイの紙作り職人がフィウムダンの元に藤の木が秘法だと報せに行くと

既にフィウムダンの工房でも藤の木で紙づくりをしていて驚いてるところに

チヒョンが現れ、スパイだと知ると職人の首に刀を近づけ

サイムダンが質比べに参加出来ないようしろと命じた。

 

 

宜城君は領議政、左議政、右議政を集めていた。

王命により臣下たちの不正を調べたと話し、3人の顔色を曇らせた。

大臣らがチヒョンから20年以上も莫大な賄賂を得ていたという調べ帳を

王に渡さない代わりにと取引をしていた。

 

 

コウゾと藤の配合の分配が分からないサイムダンたちは

とにかく作ってみるしかなかった。

徹夜が続き、みんな疲れている中で出来上がった紙を1つ1つ確認するサイムダン。

質比べの日が迫り焦っていた頃、ようやく上質な高麗紙が完成する。

みんなが喜ぶ中、紙づくり職人は喜べすみんなと距離をとっていた。

たまたま来た宜城君も高麗紙が出来た事を知って笑顔が溢れていた。

 

そんな中、ホン率いる黒装束に身を包んだ男たちが

サイムダンの工房に向かっていた…

 

夜になり、みんなはにごり酒で祝杯を上げていた。

歌ったり踊ったり楽しそうな雰囲気の中をぶち壊すように

暗い倉庫小屋に紙づくり職人が現れ火を放った。

 

火事に気付いた流民たちは水を掛けて火を消そうとするが

倉庫小屋には紙がいくつも置いてあり火の勢いは止められない。

サイムダンは声にならず動揺し、火を見つめることしか出来ずにいた…

 

炎が倉庫小屋を包んだのを見届けたホンたちは撤収し下山して行くのであった。

 

朝鮮時代編⑤へ

 

 

相関図

 

相関図お借りしました。

画像がかなり小さくなってしまう為に

2つに分けて貼りました。

 

e1f39504133aff110c040440f3f7ae98 - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

 

4b3168cf5b57f63fcc1144f75735848c - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

出典:「師任堂(サイムダン)、色の日記」公式サイト

 

 

FODプレミアムで完全版を全話無料で見る

 

display image - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

 

フジテレビの公式動画サービスなので安心安全です。

FODプレミアムで配信中です。

 

第1話はプレミアム会員にならなくても

無料で視聴出来るのでそちらを見てから会員になるか

決めるのもありだと思います。

 

4話半ばくらいから急展開を迎え面白くなって行くので

最初の3話くらいでは物足りない感じです。

 

ただプレミアム会員は月額888円(税抜)の料金がかかるのですが

AmazonアカウントでログインしてAmazon payにより登録すると

初回1ヶ月間無料で対象動画が見放題になります。

 

この「師任堂(サイムダン)色の日記」も対象作品なので

全30話くらいなら無料トライアル期間に見られちゃいますね。

 

他にも見放題対象ドラマがありフジテレビならではのドラマやバラエティなど多数あるので

「師任堂(サイムダン)、色の日記」の他にも楽しめます!

 

これは2018年8月時点の情報です。

配信状況は変わったりするのでFODプレミアムでお確かめ下さい。

 

FODプレミアムの登録が分からない方はこちら

FODプレミアムへの登録方法

FODプレミアムの解約の仕方が分からない方はこちら

FODプレミアムの解約(退会)方法

 

FODプレミアムの特典

 

もちろん無料トライアルがあって、

見放題対象の作品がいくらでも見られるのはもちろんですが

他にも人気雑誌の最新号が読み放題だったり

プレミアム会員限定で読める無料コミックもあります。

 

2c5b8b515edc576654a17f065d699622 - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

 

毎月100ポイントの自動でつくボーナスポイントの他に8の付く日にログインして

ゲットボタンをクリックすると400ポイントずつ貰える特典も。

きちんと貰うと毎月最大1300ポイントに!!

こちらのポイントは有料の動画や電子書籍に使えます。

 

8a5799c2caf0b9c5b39ee99672e80914 - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

 

 

払ってる以上のポイントが貰えるのだけでもすごいのに

電子書籍に使用すると一律20%還元されます!

400ポイント消費する書籍だと5冊購入で1冊は無料になりますね♪

 

しかも、この1300ポイントは無料期間中からも貰えてしまうので

忘れずにゲットしていただいて最大限にFODプレミアムを楽しんで見て下さい!

 

 

もし、合わないと感じたり「師任堂(サイムダン)色の日記」以外に

見たいものがないと思ったら無料期間内に解約すれば料金は発生しません。

 

display image - 師任堂(サイムダン)、色の日記のネタバレー朝鮮時代編ー④

スポンサードリンク