漫画「太る女」第7話のネタバレ・揺さぶられる心

漫画「太る女」第7話のネタバレ・揺さぶられる心

 

前回は華子がパブの宣伝に出たところ

それが好評になり、ネットにも上ってたちまち人気者に。

その事を知った奈津美は悔しさから

何かをしようと企んだところで終わりました。

 

今回はどんなお話になるのでしょうか?

 

「太る女」第7話のネタバレ

 

会社のトイレで女子社員たちが華子の噂をしていた。

デブとかウケるとか馬鹿にしているのだった。

バニーガールの動画の再生回数が何十万回もいっていて、

ちょっとした有名人だから会ったらサイン貰わなきゃと笑っているのを

奈津美はトイレの個室の中から聞いていた。

 

奈津美は悔しさから、華子みたいなブタが

こんなにもてはやされるなんてあり得ない、

何とか阻止しないとと焦っていた。

そこで何かを思いついた奈津美は弘行に華子の動画の話を持ちかけた。

 

 

動画を知らないという弘行に見せてみると顔を赤くし

焦りながらどういうことかと聞く。

奈津美は弘行の動揺っぷりに満足そうにして

「実は…」と華子が会社を辞めてからの事を話だした。

 

「実家が火事になっておばあさんが亡くなって家を出たところまでは

わかっているんだけど、その後は連絡が取れなくなって

そうしたらこんな姿に…でも、人前でこんな…

華子が望んでやっている訳ない!

ダマされて無理矢理させられてるんだわ!

私、いても立ってもいられなくなくて!」と。

弘行は黙って聞いていたが華子の居場所はわかっているのかと聞く。

「本当にそうなら…救ってあげたいんだ!」と言い

一緒にパラだいすへ行くことになった。

 

 

スポンサードリンク

 

お店には華子のポスターが大きく貼られ、それを写真撮影する人々が。

奈津美はまた悔しくなり舌打ちをしながら、とにかく入ろうと促した。

 

案内されるとステージにビキニを着たバニーガール姿の華子が出てきた。

華子の登場に客席が沸いた。

そして華子は動画にもなった一本背負いを見せる。

ぽよよ~んとなるお腹にみんなが笑う。

 

奈津美たちの後ろにいたお客がハナコ効果がすごいと言い

マスコミからのオファーもあると話していた。

それを聞くと奈津美はイライラしだす。

が、弘行が「ずいぶん露出の多い服だな」と

ショックを受けているのを見るとニヤリとし

「こんな事、言いたくなかったけど実は華子って

昔からスゴイ男好きだったのよね!」と言い出した。

 

弘行が信じられないといった様子でいると

「本当よ…弘行さんと付き合っている時も

何人もほかに遊んでる男がいたのよ」と言った。

 

その時、ちょうど華子はお客のおじさんの手を握ってお礼を言っていた。

若い男の子達も華子の元へ寄って行ってワイワイしているのを見た弘行は

耐えきれず「華子!」と声を掛けた。

弘行の姿を見て驚くのと同時にフラれた時の弘行を思い出し

華子は青ざめ固まってしまう…

 

「会社を辞めてから大変な目に遭ったと聞いたから

心配してきてみれば、なんだよその格好は!?

とんでもない卑猥なみせだな、この店は!」と

怒って言った言葉にママが反応する。

 

更に弘行は「君と付き合ってたことが恥ずかしいよ!」とまで言い

華子を傷つけた…

 

するとママが華子を庇い

「この店とキャストを馬鹿にしたら承知しないよ!」と叱ると

たじろいだ弘行にお客たちは華子を侮辱するな、帰れ!と次々口にした。

華子は必死でみんなを止めようとするが

弘行は何も言わずに出て行ってしまうのだった。

 

青ざめてる華子を見て奈津美は後ろから

(この顔を見たかったのよ。弘行を連れてきた甲斐があった)と

クックックッと笑う。

更に奈津美の後ろからは2人の様子をママが黙って見ていた。

 

「華子!」とポンと肩を叩き奈津美が呼ぶと華子は嬉しそうにした。

「動画を見て会いに来たの…会社でもすごい評判だよ」と奈津美は優しい言葉を掛けた。

華子が連絡しなかった事を詫びると後でじっくり聞かせてと言う奈津美。

そしてショーが終わったらお茶をすることになった。

 

喫茶店で楽しそうにお店の話をする華子の頬を奈津美はそっと触れた。

そして「可哀想な華子」と言う。

華子はビックリしていると「あの店の人たち、華子を利用しているわ

今すぐ離れなきゃダメ!」と言った。

奈津美は続けて

「あの店にいたら今に脱がされて…

性サービスを強要されるわよ」と言い出した。

華子は驚きながらも否定するが奈津美はネットで話題になっていると、

あるスレッドを見せた。

 

そこにはパラだいすが風俗と繋がっているだの、

売春を斡旋してるなどの書き込みがされていた。

青ざめてショックを受けている華子に奈津美は

「住むところがないなら私の家においで!

一緒に暮らそう!」と誘った。

 

 

スポンサードリンク

お店に戻りため息をついている華子にママが声を掛けてきた。

缶コーヒーを渡し、この際だから身の上話を聞こうと言う。

不幸の連続だった話を聞いた後、ママは「奈津美って子は

華子が不幸になっているとき、いつも側にいたのね」と言う。

 

いつだって奈津美が助けてくれたのだと言う華子に対しママは

「助けてくれたって言うけど、あの子のおかげであんたが不幸を回避したことなんて

一度もないんじゃない?」と遠くを見ながら言った。

華子は「運が悪かったからで、奈津美は精神的に支えてくれて…」と返すと

ママが「あんた人のこと信用しすぎなんじゃない?

ハッキリ言ってあの女は怪しいわ!

どう見ても裏表がー」まで言いかけたとき

華子は「やめて!」と声を荒げた。

 

奈津美のことをそんな風に言うがママはどうなのか、

この店が売春を斡旋してる事を知っている

ネットで拡散されている事もと怒り出した。

 

見に覚えのないママはそんなデタラメ誰から聞いたのかと言い

奈津美からからだと悟ったママは

「あんたの周りってカスばっかね…!

あの元カレって男もそうよ!店の中で暴言吐いてー」と言うと

弘行のことまで悪く言われ、頭に来た華子は出て行った。

 

泣きながら(あんな人を信用した私が馬鹿だった…

私の本当の味方は奈津美だけー)と走り続ける華子。

 

一方の奈津美は自宅でさきほど華子に見せた偽のスレッドを削除していた。

「我ながら上出来だったわ…!」とニヤリとしていると

華子が訪ねて来たので笑顔で出迎える。

 

そして、泣いている華子を慰めながら

「大丈夫。私のいうことを聞いていれば傷つかないのよ」とギュッ抱きしめた。

華子は(おばあちゃんに抱きしめれてるみたい)と幸せに浸っていた。

 

3ヶ月が経ち華子に「いってくるわね」と声を掛ける奈津美だが返事がない…

すると奈津美はニヤリとし

(いい感じに仕上がってきたわ…そろそろ仕上げの段階ね)とまた何かを企んでいた。

 

華子は奈津美の家の中の一室におりベッドの上で

食べたり飲んだりしながら自分がどうしたのか分からないものの

「ま…いっか」と以前よりも太っていて

目をうつろにしていたところで第7話は終わる

 

〉〉1話から無料で読むには…?

〉〉すぐに6話分無料で読む方法はこちら

 

今回の登場人物

 

華子:元は容姿端麗で若いのに主任に適任されるほど仕事が出来た。

奈津美のせいで会社を辞める事になり現在はショーパブ「パラだいす」に在籍。

ある日突然太り始め痩せなくなってしまった。

それからどんどん不幸に見舞われる…

 

弘行:華子の元婚約者。イケメンで仕事も出来る。

奈津美にハメられ華子とは別れてしまう。

 

奈津美:華子の親友のハズがずっと華子に嫉妬や逆恨みの感情を持っていた。

華子を不幸へ追いやったり。整形美人。

 

ママ:華子在籍の「パラだいす」のママ。

太ってしまった自分を卑下していた華子に希望を与えてくれた。

 

第8話のネタバレはこちら

 

?me id=1&me adv id=460136&t=pict - 漫画「太る女」第7話のネタバレ・揺さぶられる心

スポンサードリンク