漫画「太る女」第13話のネタバレ・奈津美に脱走がバレた!

漫画「太る女」第13話のネタバレ・奈津美に脱走がバレた!

 

前回は真悟が寝ている華子の裸の写真を撮影し、

脅しに使えると笑った所で終わりました。

本性もあらわし始めた真悟は華子にどうやって接するのでしょうか?

 

前作・第12話のネタバレはこちら

 

第13話のあらすじ

 

脱がされて写真を撮られたなんてことを知らない華子は

朝目覚めるとパジャマがはだけてたと恥ずかしがる。

真悟は「ゆっくり着替えてていいよ」と気遣うふりして部屋を出て

華子の裸の写真を見ながら華子に気づかれてなかったことと

自分の奴隷に出来ると思い、嫌な笑顔を浮かべていた。

 

そして、朝食を用意した華子だったがダイエットの為に

自分の分は真悟と別メニューだった。

太っていると不便だからダイエットをすると決めた華子はどうやって

痩せるか、どれくらいのペースで痩せるかと説明していたが

真悟は話を遮って痩せないで欲しいよ無表情で放った。

 

華子が「どうして?」と聞くと

「痩せたら君はまたあの男の元へ戻るつもりなのかい?」とまた無表情で言った。

 

華子は今の彼氏は真悟だし、弘行は関係ないと説明する一方で

真悟の昨日からの異常さを感じとっていた。

「そんなこと言わないで応援して」という華子に対し

真悟は「僕はぽっちゃりした女の子が好きなんだ」と返した。

 

そして「君はまた僕に逆らうのかい?昨日もそうだったよね」と言い出した。

パブもバニーガールも辞めないことへの不満の話を出してきた。

 

 

華子は部屋も食べるものも着るものも今の生活はママのおかげで成り立っている。

それは真悟も分かっているのにと…と言うと

真悟は自分の言うことを一切聞けないってことかと華子の裸の写真を見せ

「じゃあ、これネットに出しちゃおうかな~」と脅し出した。

 

華子はビックリしたし自分の寝ている間に

そんなことをされていたのがショックで崩れ落ちた。

 

しかし、真悟は「一本背負いのHANAKO脱ぎます!なんて

ネットは炎上するかな」と続け、仕事ができなくなるかも知れないけど

いいのかと聞いてきた。

 

華子は耳を疑った。

そんな人だったなんてと思いながら、やめて欲しいと頼むと

「じゃあいうことを聞けよ」と言冷たく放った。

華子はつばを飲んで「聞く」と。

すると真悟は気持ちの悪い笑顔を浮かべた。

 

スポンサードリンク

華子は何をさせられるのか不安でいっぱいなまま、

イヤホンと小型マイクを付けさせられ電車に乗っていた。

イヤホンからは真悟の声がした。

そこで口真似でもいいから、おならをするように指示を出される。

仕方なく手を口に当て、おならの音を出すがその姿に車内がざわつき

華子は恥ずかしい思いをした。

真悟はそれを見て笑った後、次の駅で降りて駅前に行くように指示をした。

 

駅前に着くと歌えと命令してきた。

華子は歌うが何度も声が小さいと叱られヤケになって大声で歌った。

そして、今度は駅前がざわつく。

通行人からヤジが飛びだすと、それを見てまたも真悟は笑い出す。

 

その次は華子の勤務先の「パラだいす」に行かされ

ママに会うと真悟が指示を出す。

華子はモゴモゴ言うが真悟からまた声が小さいと怒られ

「くっさー!ここって動物園!?むさ苦しい奴らばっかりで

ケモノ臭がする~~」と言わされた。

ママはつまらない冗談だと怒り出した。

 

ママが行こうとする後を付いていきまた真悟の指示が入る。

「やっぱり男子トイレなんだ!だってママはオカマ野郎だもんね!」と言わされた。

ママは怒ってしまい華子に今日は帰るように言う。

華子は誤解を解きたかったがママにトイレのドアを閉まられてしまい

ドアの前で泣き崩れるしかなかった…

その姿を見て真悟は腹を抱えて笑っていた。

 

一歩で奈津美は結婚にこぎつけていた。

夫となる泉谷博文が「結婚式は盛大に挙げよう!

友達もたくさん招待するといいよ」と言っていたのを思い出し

友達のことから華子のことが出てきたので軟禁されている

惨めな華子に自分の幸せを自慢しようと病院にやってきた。

そこで院長の口から華子が逃げ出したことを今更告げられる。

 

 

奈津美は血相を変えて院長にキレて暴言を浴びせると

華子を探さないとと走り出した。

自分が華子の祖母を殺したって告白していたので

証拠はないにしても警察に言われたら面倒だし、

逆襲してくるかも知れないからもしもの時の為に

予防線を張っておかないとと考えていた。

 

 

話はまた華子に戻って、今回は真悟の部屋に呼ばれていた。

ジャンクフードをたくさん用意していて全部食べろと言い出した。

華子が驚いていると痩せさせないためだと無理矢理口に詰め込み出した。

華子の口の周りに付いた食べかすを真悟は舐めてきて、服を脱がし始めた。

やめてと頼む華子に黙れと怒る真悟。

そして華子の胸を掴み童貞が卒業出来ると興奮していた。

 

まだ抵抗する華子にイラっとして

「写真がネットに晒されてもいいのかよ!!」と怒鳴りだした。

無抵抗になった華子を見て満足そうに「そうそう、それでいい」とニヤけ

鼻歌まじりに自分の服を脱ぎだした真悟に華子は軽蔑の眼差しを向けて

「晒したければ晒せば?」と言った。

その言葉に真悟はビックリしたが華子はうんと痩せて写真が出回る頃には

別人になっているから勝手にしてくれと帰り支度を始めた。

 

真悟は止めようと寄るが平手打ちをくらい

「もう二度と近づかないで!」と言われた。

震えている真悟に華子は

「好きだったのに…あなたのこと…さようなら!」と背を向ける。

 

真悟は泣きながら呼び止めるが華子は振り返らずに出ていった。

その後に真悟は後悔をしていた。

華子と楽しく普通の恋人になりたかっただけなのに

自分は何をやっているんだと。

完璧に嫌われてしまったと体育座りをし泣いていた。

 

どこで間違ってしまったのか?どうしてこうなってしまったのか?

どうしたら華子の気持ちを取り戻せるかと考えていた時に

奈津美の顔が思い浮かんだ。

奈津美が華子の不幸の元凶だと思い出し

倒せば華子が自分のことをもう1度と…

考えながらスタンガンを隠し持って奈津美の後方に現れた所で13話は終わります。

 

スポンサードリンク

 

登場人物

 

華子:元は容姿端麗で若いのに主任に適任されるほど仕事が出来た。

奈津美のせいで会社を辞める事になり現在はショーパブ「パラだいす」に在籍。

いくつかの病気が重なったせいで太り始め痩せなくなってしまった。

 

弘行:華子の元婚約者。イケメンで仕事も出来る。

奈津美にハメられ華子とは別れてしまうが今も華子を気にかけている。

フルフェイスにダウンジャケットというあやしい風貌のやつに

会社帰りに襲われるが返り討ちにするほどの運動神経の持ち主。

 

奈津美:華子の親友のハズがずっと華子に嫉妬や逆恨みの感情を持っていた。

華子を不幸へ追いやったり、あやしい病院に入院させたりした。整形美人。

 

真悟:奈津美が華子を入院させたあやしい病院で警備員をしていた。

華子を病院から脱走させる手伝いをしてくれる。趣味は写真。

素朴な感じの表面とは違い、裏の顔はドス黒い感情を持っている。

 

ママ:華子在籍の「パラだいす」のママ。

太ってしまった自分を卑下していた華子に希望を与え、

その後も華子を気にかけて手術などの大金を立替えてくれたり

何かと世話をやいてくれる。

 

〉〉1話から無料で読むには…?

〉〉すぐに6話分無料で読む方法はこちら

 

感想

 

真悟が斜め上すぎてヤバイですよね。

華子がパブ辞めないからってママに対して

中傷の言葉を浴びせさせたのは分かるけど

電車と駅前に至っては意味がわかりません…

 

あんたの楽しい恋人同士がそのようなものなら

相当変な女じゃない限り理解されるか!!と思いました。

 

まあ、華子が言いなりになり続けなくてよかったです。

 

次回はヤバイ男(真悟)VSヤバイ女(奈津美)が見られそうですね。

もうヤバイ奴同士くっついてくれたら良いのに…

 

第14話のネタバレはこちら

 

スポンサードリンク