美醜の大地(びしゅうのだいち)第24話ネタバレ・意味深な絢子の言葉

美醜の大地(びしゅうのだいち)第24話ネタバレ・意味深な絢子の言葉

 

前回は進司を助けられず泣き崩れるサチに

壊れた絢子、皮膚が顔半分なくなってしまった敏江と

ハナの反撃がきいてました。

 

この反撃が新たな復讐を生み出しそうな予感ですよね?

今回はその辺り触れるのか?ハナ側のお話が重点なのか…

 

前回23話のネタバレはこちら

 

第24のネタバレ

 

綿貫が新聞の記事を見て高島津家の別邸の火事を知り、

間違いなく市村ハナの仕業だろうと確信する。

 

ここまで大胆な行動に出るということは

なりふり構っていられないのか、

ハナ自身の怨念の制御が出来なくなっているのか…

もし、制御出来ないのなら自らが特攻して

菜穂子を道連れにされてしまうのだけは…と考えていた。

 

そこへ札幌東警察署から柏葉という男が綿貫を訪ねて来たので

頭の傷の事件かと聞くと今のところは別件で

部下の相原が数日前から行方不明だと言うのだった。

それを聞いた綿貫は青ざめる…

 

 

一方、絢子と清二郎の元には清二郎の両親が押しかけて来ていた。

母親である房子が騒ぎ立て、父親がなだめていた。

 

父親が言うには爆発物の中に焼夷剤が入っており

焼夷手榴弾と似たような構造で爆発に続く火災で

屋敷を完全に破壊するのが目的で

それなりの専門知識が必要なものだったと言う。

 

屋敷は全焼しており警察は高島津家に

何らかの恨みを持つ復員兵として見ているとの事。

 

父親がそう言い終わると房子は絢子を責め立てた。

自分はこの結婚に反対で北海道に清二郎を行かせたくなかったと。

地上げ屋まがいのやり方で会社を拡げるようなやくざな一族だから

恨みを買い、全て高島津家の招いた事だと息を巻いていた。

 

清二郎は絢子のせいじゃないと房子を止ると

絢子をかばった事に房子はショックを受けた。

 

父も房子を宥めながら、事態が収まるまで何かと不便になるが

一般の屋敷で使用人も最低限にし身を隠した方がいいと

アドバイスをした。

 

その時、絢子は微笑んでいた。

それを見た房子にまた火が付き怒鳴り始めたのを

またも父が止め、清二郎も絢子には休息が必要だからと

両親に引き取って貰った。

 

絢子は「嬉しいの、籠が焼け落ちてしまったから」と言い

その言葉に清二郎が分からずに黙っていると

絢子は「きっと、もうすぐ、もうすぐ、取り戻せる」

心で思っていた。

 

スポンサードリンク

その頃の鶴田は隠れ家にて、新聞で高島津家の状況を確認して

「犠牲者なし」とハナに言い、今後はどうするのかを聞いた。

 

ハナはすぐに行動に出るのは危ないと言うと

それに賛成した深見は向こうの出方を探るほうがいいと言い

席を立ち、手回しに出かけた。

 

深見はハナがあれ程の行動をしたのに自分が何も出来てない事に

くすぶっていた。

そして、鶴田も使い狸を走らせ出て行き何かを探るか行動に出るようだった。

1人になったハナは窓際で手が震えていた…

 

 

 

林の中を加世と森哉とサチで歩いていた。

サチは気力を完全に失っており森哉に腕を引っ張られていた。

 

3人は身を隠すのに移動しており

動けないサチに加世が困っていると

森哉は置いて行くのか聞いた。

加世は警官殺しの同じ穴のムジナだから置いては行かないが

敏江も姿が見えないし厄介な事になったとボヤいていた。

 

 

 

 

内田の診療所では菊乃がハナの顔の事を

「この世で最も美しいと思う顔を与えた」と言っていた内田の言葉を思い出し、

過去の女性関係の話を聞いた事がないが

愛した女性がいるのか

もしかしたら今も自分が知らないだけでいるのでは…と

物思いにふけっているところに激しくドアを叩く音がした。

 

菊乃がドアを開けると布を巻いた血だらけの人物が

流れ込んできた。

敏江だと気づいた菊乃はどうしてこんな事になったのかと

驚いたが、とりあえず布を取ると半分皮膚のない顔が現れた。

 

そこに内田が何事かとやって来て敏江の姿を見ると

「よく自力で来れたな、処置室へ運ぶぞ」と言うと

敏江は内田の腕を掴み「顔…直し…て…」と言い気を失った。

 

敏江が目を覚まし、顔の状態を聞くと

内田は今施せる処置はしたが元のように再建することは

ほぼ不可能だと言い切った。

 

敏江は何とかならないのか聞いたが、

時間はかかるが他の部分の皮膚に外科的処置を施して

大きく引き伸ばし、それを自家移植する方法はあるが

それも元の状態に戻せる訳ではなく

失われた鼻やまぶた、唇などの機能は一生戻らないと告げられる。

 

しかし、右目の眼球がむき出しのままで

いずれ遠からず失明するから皮膚の再形成はした方がいいと

内田は言った。

 

敏江は一人になると泣き出し、

「うあああああああハナああああああ」と泣き叫んだ。

それを内田は顔色一つ変えずに聞いていた。

 

夜道を笑いながら歩く女の姿があった。

それは目がいってしまってる百子で

頭に花を飾り、スカートの裾を広げながら

「待っててね、もうすぐ逢えるわ、杏一郎さん」と言っていたところで

24話は終わる。

 

〉〉「美醜の大地」を10話まで無料で読む方法

〉〉「美醜の大地」をすぐに4話分無料で読む方法

 

 

スポンサードリンク

 

今回の登場人物

 

ハナ側

 

ハナ:絢子をリーダーとするグループに酷いいじめにあい、

そのせいで母と弟を失ったことから、

整形をして顔を変え絢子グループへの復讐を決意する。

しかし、殺してしまう事にためらったり

相手が傷つくのが恐くなってしまったり悪者になりきれない様子。

絢子への恐怖心があり、それが復讐への邪魔をしている。

 

深見:弁護士。高島津家に恨みがありハナの復讐に協力を名乗り出た。

過去のトラウマから女が嫌いだが、他の女とは違うハナには興味がある。

 

鶴田:ヤのつく情報屋。ハナの体と根性が好きでハナに協力的。

孤児院へ行くなど根は優しい。

 

絢子側

 

絢子:学生時代にハナをいじめていたグループのリーダー格。

冷酷な事をさせて顔色を一切変えずただ見ている。

清二郎という色狂いと結婚した。

初対面の時にハナの何かをキレイと首をシメたことがあった。

デパートで顔が変わったハナに再会したときも

「何できれいなの?」と一心不乱にハナを追いかけ深見に投げ飛ばされた。

 

清二郎:ド変態。「玩具」と呼ぶ女の人に性癖をぶつけ

自分の欲を満たそうとする。

絢子には中々、相手にしてもらえないらしいが

絢子を本気で愛している。

最近はまともな姿を見せるただのイケメン。

 

加也:清二郎の奉公人。以前は加也が清二郎の「玩具」を探したり

調達していた。子供には優しい。

 

森哉:加也の弟。以前は清二郎が要らなくなった「玩具」を始末していた。

楽しそうに死体を解体するサイコパス。

 

サチ:学生時代にハナをいじめていたグループの1人。

絢子にお金で雇われて清二郎の「玩具」をしていたことも。

父親の分からない進司という息子がいる。

ハナの復讐により反省し真っ当に生きると決めたのに

敏恵に邪魔される。

進司を敏恵につれて行かれてしまい、居場所が分からない所に

相原が敏恵を脅迫罪で連行しようとしたのだが

連れて行かれてしまっては進司の居場所が一生分からなくなると思い

相原を刺殺してしまう…

屋敷の爆発で最愛の進司を失ってしまい生気がなくなっている。

 

敏恵:学生時代にハナをいじめていたグループの1人。

ハナの復讐が原因で顔に大きなキズと大怪我を負う。

サチのおばあちゃんや隣人を殺したり、進司を人質に取って

サチに言うことを聞かせハナへの復讐を手伝わせようとする。

 

無所属?

 

菊乃:元男性。内田の助手。子供の頃から自分の性に違和感があり、

いじめられていた。軍隊に入ったが大怪我をし、そこで内田と出会う。

昔の自分と重なるらしく、ハナの復讐に手を貸したり

何かとハナの事を気にかけている。

 

内田:ハナの顔を変えた医者。

人の顔を覚えていないので患者の名前を聞いても誰か分からない。

ハナのことだけは覚えている。

 

綿貫:「月刊道民」の記者。ハナがスミ子に復讐しようと働いていたカフェで

雨に濡れた時にハンカチを差し出してくれたハナに一目惚れした。

スミ子の事件以来、ハナの復讐を嗅ぎつけるが

当時ハナは菜穂子とうい偽名で働いており顔も違うために

ハナと菜穂子が同一人物だと思っていない。

 

百子:ハナの2番目の復讐相手。

杏一郎と名乗った男性の姿の菊乃に騙され

借金の方に見世に売られ薬漬けで精神が崩壊されている。

それ以来、若い男性が来ると「杏一郎さん」と言い

まとわりつくようになってしまった。

 

感想

 

屋敷の全焼で「犠牲者なし」とは …?

しかし、進司が生きているような描写はないので

ハナたちにダメージなかったと報せるために

嘘の記事にしたのかなと考えました。

 

もしくは森哉が進司に「お母さんはいなくなる」的な事を言っていたので

それにショックを受けてサチを探しに屋敷から出てて助かったのかなとか…

予想なのですがそれならいいなと思ってます。

 

絢子の怪しい言葉も気になりますが柏葉が

綿貫の頭の怪我の事件を「今のところ」と言った辺りも気になります。

 

今後、深見が捕まってしまうのかな…

最後の百子は恐すぎて鳥肌が立ちました。

菊乃さん全力で逃げてーーー!!!

 

第25話のネタバレはこちら

 

?me id=1&me adv id=460136&t=pict - 美醜の大地(びしゅうのだいち)第24話ネタバレ・意味深な絢子の言葉

スポンサードリンク