美醜の大地(びしゅうのだいち)第23話ネタバレ・進司が犠牲に・・・

美醜の大地(びしゅうのだいち)第23話ネタバレ・進司が犠牲に・・・

 

前回は、ハナが絢子のお屋敷の玄関先に爆弾を仕込んで

それに敏恵が気づかず玄関を開けようとし

スイッチが入り爆発し屋敷が燃えたところで終わりました。

 

屋敷の中の人たちはどうなったのでしょうか?

 

第22話のネタバレはこちら

 

第23話のネタバレ

 

燃え上がる屋敷に気づいた離れにいた使用人たちが

警察を呼ぶか、消防団を呼ぶかと言い合っていると

電話線が切れていて

電話が通じないことに気づき、青ざめていた。

 

その爆発した屋敷を深見、鶴田、ハナが森の中から見上げていた。

そして屋敷を見つめるハナを眺めて深見は

「彼女は今何を思っているんだろう」と考えていた。

 

一方で意識の戻ったサチは敏恵を揺すっていると

屋敷の破片が崩れ落ちてきたのを見て

進司のことを思い出し

屋敷に向かって走り出す。

 

もうまた一方で、清二郎が屋敷内の崩れた瓦礫の下から出てくる。

サチが叫んだ「敏恵、離れて!!」に反応し

玄関から瞬時に離れたことが

命拾いに繋がったようだった。

まだ意識のない絢子を抱き上げて脱出に向かった。

 

その頃、加也は屋敷のあまり燃えてないところに

座り込んでいた。

爆発の時にひっくり返って足を捻った為、

あまり動けずにいたのだ。

 

そこへ森哉が探しにやってきて駆け寄り抱き、

「僕には姉さんしかいない。

もし、姉さんがいなくなったら

僕ひとりじゃ生きていけない…」と泣くと

加也は意味ありげな笑みを浮かべ

「これからも二人で生きていきたいなら出ないと」と言い

森哉の肩を借り出口近くまで来ると勢いよくドアが開いて

サチが入って来た。

 

屋敷内は火の海になっているため加也は止めるが

進司がまだ中にいるからと中へ走ると

森哉が進司のいた部屋に案内してくれたのだった。

 

サチがドアノブを触ろうとした時、

火傷するからと森哉がドアを蹴破ると

熱風が勢いよく出てきて2人は一瞬ひるむが、

サチは髪がジリジリ焼けながらも進司の元へ向かう。

 

崩れた柱部分が勢いよく焼けており、

その近くには進司が持っていたおもちゃが落ちていた。

 

発狂し、燃え上がる柱の下へ向かおうとするサチを森哉は

体を張ってとめ屋敷から連れ出す。

 

しばらく屋敷を眺めていたハナは生死を確認せずに

戻ろうと言う。

「死んでいなかったとしても大きな打撃を与えられたし

生き延びていたら死んでなかったことを後悔させるまで」と言い切った。

 

絢子は意識を取り戻し、燃え上がる屋敷を見つめた。

そこにハナの顔を重ねてぶっ飛んだ目をしながら

大笑いし、清二郎に抱きしめられる。

 

敏恵はフラフラと森の中をさまよい、

手は血だらけになっていた。

そして半分、皮膚がなくなった顔で「私の顔はどうなっているのよー!!」叫んだところで終わる。

 

〉〉「美醜の大地」を10話まで無料で読む方法

〉〉「美醜の大地」をすぐに4話分無料で読む方法

 

 

スポンサードリンク

 

今回の登場人物

 

ハナ側

 

ハナ:絢子をリーダーとするグループに酷いいじめにあい、

そのせいで母と弟を失ったことから、

整形をして顔を変え絢子グループへの復讐を決意する。

しかし、殺してしまう事にためらったり

相手が傷つくのが恐くなってしまったり悪者になりきれない様子。

絢子への恐怖心があり、それが復讐への邪魔をしている。

 

深見:弁護士。高島津家に恨みがありハナの復讐に協力を名乗り出た。

過去のトラウマから女が嫌いだが、他の女とは違うハナには興味がある。

 

鶴田:ヤのつく情報屋。ハナの体と根性が好きでハナに協力的。

孤児院へ行くなど根は優しい。

 

絢子側

 

絢子:学生時代にハナをいじめていたグループのリーダー格。

冷酷な事をさせて顔色を一切変えずただ見ている。

清二郎という色狂いと結婚した。

初対面の時にハナの何かをキレイと首をシメたことがあった。

デパートで顔が変わったハナに再会したときも

「何できれいなの?」と一心不乱にハナを追いかけ深見に投げ飛ばされた。

 

清二郎:ド変態。「玩具」と呼ぶ女の人に性癖をぶつけ

自分の欲を満たそうとする。

絢子には中々、相手にしてもらえないらしい。

 

加也:清二郎の奉公人。以前は加也が清二郎の「玩具」を探したり

調達していた。子供には優しい。

 

森哉:加也の弟。以前は清二郎が要らなくなった「玩具」を始末していた。

楽しそうに死体を解体するサイコパス。

 

サチ:学生時代にハナをいじめていたグループの1人。

絢子にお金で雇われて清二郎の「玩具」をしていたことも。

父親の分からない進司という息子がいる。

ハナの復讐により反省し真っ当に生きると決めたのに

敏恵に邪魔される。

進司を敏恵につれて行かれてしまい、居場所が分からない所に

相原が敏恵を脅迫罪で連行しようとしたのだが

連れて行かれてしまっては進司の居場所が一生分からなくなると思い

相原を刺殺してしまう…

そのせいで進司をまた抱いていいのか不安になっている。

 

敏恵:学生時代にハナをいじめていたグループの1人。

ハナの復讐が原因で顔に大きなキズと大怪我を負う。

サチのおばあちゃんや隣人を殺したり、進司を人質に取って

サチに言うことを聞かせハナへの復讐を手伝わせようとする。

 

?me id=1&me adv id=460136&t=pict - 美醜の大地(びしゅうのだいち)第23話ネタバレ・進司が犠牲に・・・

感想

 

まさか進司が犠牲になるとは…

このギスギスした話の中で癒やしの進司がいなくなるとは

残念だし素直に悲しいです…

 

加也の浮かべた笑みの意味や

サチはハナへの復讐を決めるのか、

ハナは絢子への恐怖心がなくなったのか

気になることだらけです。

 

敏恵は更に復讐に燃えるでしょうね。

 

第24話のネタバレはこちら

スポンサードリンク