漫画「美醜の大地」(びしゅうのだいち)第21話のネタバレ・感想

漫画「美醜の大地」(びしゅうのだいち)第21話のネタバレ・感想

 

前回はサチがやっちまった一方で

坂本酒店で深見が綿貫に接触するところで終わりました。

深見は何を考えてるんですかね…

 

第21話のネタバレ

 

以前に殴っておきながら普通に綿貫に声をかける深見。

どうやら綿貫に顔を見られたか確かめたかったようだ。

 

綿貫は呑気に酒をすすめ、雑談を始める。

雑談をしながら深見は綿貫を観察しどうするかを考える。

綿貫を始末するかどうか悩んでいたのに

ヘラヘラする綿貫に調子を狂わされる。

 

一方で、敏恵は斧を持ってきて相原が警官である以上

身元が分からないように解体しろと命じる。

サチが嫌がっていると加也と森哉が現れ

手伝おうかと名乗り出る。

敏恵は警戒し、睨みつけると森哉が加也を守るように立ちはだかった。

 

加也は死体をバラすのを手伝い、

ついでに見つかりにくい方法を伝授する代わりに

敏恵たちのことを知りたがった。

 

スポンサードリンク

森哉が死体を解体している間に

加也は清二郎が望んだ「玩具」を探したり、調達し

森哉は不要になった「玩具」を始末する役なんだと話した。

 

サチは解体している間気分を悪くしたり、懺悔したりしていた。

 

話を聞いた加也はハナのことは

お互いに協力した方が都合がいいんじゃないかと提案する。

 

解体が済み、敏恵とサチは焚き火にあたりながら話していた。

進司は無事で絢子の屋敷で預かって貰っており

世話も頼んであるから心配ないとのことだった。

サチは自分の汚れてしまった手を見て進司をまた抱いて良いものか悩んでいた。

 

そのまた一方で鶴田の元にあやしい人物が情報を運んでいた。

紙切れを見て「あいつ、本気か…?」とつぶやく。

 

その頃、絢子のお屋敷にいる進司は女中がお菓子や

おもちゃを持って来るも見向きもせず窓を眺めサチを恋しがっていた…

 

翌朝、帰宅した深見は綿貫と酒を飲んだことを後悔する。

そして、ハナの元を訪れると床に散らばったナイフやアイスピック、

机に置かれた小包を見て驚く。

そこへ鶴田が朝帰りの深見を茶化し、深見に消される決意をされる(笑)

鶴田はハナに例のものと紙切れを渡し、出かける所で21話は終わる。

 

〉〉「美醜の大地」を10話まで無料で読む方法

〉〉「美醜の大地」をすぐに4話分無料で読む方法

 

 

今回の登場人物

 

ハナ側

 

ハナ:絢子をリーダーとするグループに酷いいじめにあい、

そのせいで母と弟を失ったことから、

整形をして顔を変え絢子グループへの復讐を決意する。

しかし、殺してしまう事にためらったり

相手が傷つくのが恐くなってしまったり悪者になりきれない様子。

絢子への恐怖心があり、それが復讐への邪魔をしている。

 

深見:弁護士。高島津家に恨みがありハナの復讐に協力を名乗り出た。

過去のトラウマから女が嫌いだが、他の女とは違うハナには興味がある。

 

鶴田:ヤのつく情報屋。ハナの体と根性が好きでハナに協力的。

孤児院へ行くなど根は優しい。

 

中間?

 

綿貫:「月刊道民」の記者。ハナがスミ子に復讐しようと働いていたカフェで

雨に濡れた時にハンカチを差し出してくれたハナに一目惚れした。

スミ子の事件以来、ハナの復讐を嗅ぎつけるが

当時ハナは菜穂子とうい偽名で働いており顔も違うために

ハナと菜穂子が同一人物だと思っていない。

 

相原:綿貫の後輩。警察官。

サチの名字を聞き、サチのおばあちゃんが殺された事に関係があるんじゃないかと

尾行してた所、敏恵がサチを脅迫し連行しようとするとサチに背中から刺されてしまう。

 

絢子側

 

絢子:学生時代にハナをいじめていたグループのリーダー格。

冷酷な事をさせて顔色を一切変えずただ見ている。

清二郎という色狂いと結婚した。

初対面の時にハナの何かをキレイと首をシメたことがあった。

デパートで顔が変わったハナに再会したときも

「何できれいなの?」と一心不乱にハナを追いかけ深見に投げ飛ばされた。

 

清二郎:ド変態。「玩具」と呼ぶ女の人に性癖をぶつけ

自分の欲を満たそうとする。

絢子には中々、相手にしてもらえないらしい。

 

加也:清二郎の奉公人。以前は加也が清二郎の「玩具」を探したり

調達していた。子供には優しい。

 

森哉:加也の弟。以前は清二郎が要らなくなった「玩具」を始末していた。

楽しそうに死体を解体するサイコパス。

 

サチ:学生時代にハナをいじめていたグループの1人。

絢子にお金で雇われて清二郎の「玩具」をしていたことも。

父親の分からない進司という息子がいる。

ハナの復讐により反省し真っ当に生きると決めたのに

敏恵に邪魔される。

進司を敏恵につれて行かれてしまい、居場所が分からない所に

相原が敏恵を脅迫罪で連行しようとしたのだが

連れて行かれてしまっては進司の居場所が一生分からなくなると思い

相原を刺殺してしまう…

 

敏恵:学生時代にハナをいじめていたグループの1人。

ハナの復讐が原因で顔に大きなキズと大怪我を負う。

サチのおばあちゃんや隣人を殺したり、進司を人質に取って

サチに言うことを聞かせハナへの復讐を手伝わせようとする。

 

?me id=1&me adv id=460136&t=pict - 漫画「美醜の大地」(びしゅうのだいち)第21話のネタバレ・感想

感想とちょっとした予想

 

サチは唯一まともだと思ってたのにやっちまいましたね。

まだ罪悪感があり、汚れた手で息子を抱いていいのか悩むあたりまともですが。

進司の後ろ姿が可哀想でなりませんでした…

ただ、ただ清二郎や絢子に何かされないか心配!!

 

ちょっと予想ですが鶴田の元に来たあやしいやつは

加也じゃないかと予想してます。

だって何も無ければあんな描写いらないかなって。

 

いよいよ動き出したハナ。

だけど、あれが加也だったらどんでん返しがありそうですよね。

早く続きが読みたい…

 

22話のネタバレはこちら

 

スポンサードリンク